ホルモン補充療法で不調改善|女性のお悩み相談室

更年期障害の治療法

女医

HRTの注意点

ホルモン補充療法(HRT)は、更年期障害の治療のひとつです。更年期に減少する女性ホルモンを薬で補い、ホルモンバランスを整えることで更年期障害を改善していきます。ホルモン補充療法は、効果がある症状とあまり効果がない症状があります。ほてり、のぼせ、発汗などの「ホットフラッシュ」には特に効果がありますが、症状が重くなると効果が感じられない人もいます。ホルモン補充療法を開始した直後は、胃の不快感、おりものの増加、生理不順、不正出血などの副作用が起こる場合があります。また、乳がんや子宮がんなどの治療中の人、過去に心筋梗塞や脳卒中を発症したことがある人は、ホルモン補充療法が受けられないことになっています。

自分にあった治療をする

閉経直後の人や閉経からだいぶ経過している人、子宮がある人と手術で子宮を摘出している人とでは、ホルモン補充療法の仕方が違います。子宮があり、閉経直後の人の治療の仕方は、「エストロゲン」の薬と「プロゲステロン」の薬を併用するのが一般的です。卵胞期にエストロゲンを補充し、黄体期にプロゲステロンを補充することで、ホルモンのバランスが整い、更年期障害の症状が緩和されます。子宮があり、閉経からだいぶ年数が経過した人の場合は、エストロゲンとプロゲステロンの薬を毎日一緒に服用します。子宮を手術で切除した人の場合は、エストロゲンの単剤処方のみを行うのが一般的です。自分の症状にあったホルモン補充療法をすることで効果が高まります。