ホルモン補充療法で不調改善|女性のお悩み相談室

ホルモンバランスの調節

診察

人工の女性ホルモンの質

ホルモン補充療法は、半世紀ほど前からおこなわれています。人工の女性ホルモンを注入することで、加齢によるホルモンバランスの乱れで生じる体の問題を解決していくという治療です。現在のホルモン補充療法では、この人工の女性ホルモンの質が、かなり向上してきています。以前のものと比較すると、人間の体内に存在している女性ホルモンの質に、非常に近い状態になっているのです。そのためこれは、ナチュラルホルモンとも呼ばれています。ナチュラルホルモンが使われるようになったことから、ホルモン補充療法の効果は、一層高いものとなりました。また、もともと存在しているものに近いわけですから、体がスムーズに受け入れるため、副作用も生じにくくなりました。このことから、ホルモン補充療法の人気は一層高くなってきています。

美容目的でも安心

また、以前のホルモン補充療法では、エストロゲンの効果のみを持つ人工の女性ホルモンが注入されていました。エストロゲンは、女性としての成長を促すホルモンで、これが増えれば女性らしい美しさがアップしていくことになります。そのためホルモン補充療法は、美容効果も高い治療として知られているのですが、女性ホルモンにはプロゲステロンも存在しています。したがって、エストロゲンばかりを補充していると、かえってホルモンバランスが乱れる可能性が生じてきます。ところが現在使われているナチュラルホルモンは、プロゲステロンの働きもします。ホルモンバランスがとれるよう調整されているので、美容のために安心して気軽に受けることができるようになっているのです。